FC2ブログ

八坂神社

祇園祭で有名な神社である。
祇園祭は、貞観11年(869年)に各地で疫病が流行した際に神泉苑で行われた御霊会を起源とするもので、
天禄元年(970年)ごろから八坂神社の祭礼として毎年行われるようになったということである。

この日は東山花灯路が開催されていた所為か、夜でも賑わっていた。

DSCF5074.jpg

DSCF5076.jpg

IMG_9853.jpg


八坂神社-1(京都府京都市)

八坂神社-2(京都府京都市)

3014.3.14
京都府京都市
東山区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : ご朱印

神磯の鳥居と夜明け

星の撮影のあと、薄明の風景を撮影した。

主祭神である大己貴命が岬の岩礁に降臨したとされることより
海岸に立つが存在する。

IMG_0098.jpg

2014.4.5
茨城県東茨城郡

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

神磯の鳥居と天の川

久々に星を見に行ってきた。
仕事明けでそのまま徹夜でGo♪

大洗磯前神社にある神磯の鳥居と天の川のコラボ。

DSCF5390.jpg

IMG_0031.jpg

DSCF5435.jpg

2014.4.5
茨城県東茨城郡

テーマ : 星景色
ジャンル : 写真

tag : 星のある風景

飛行神社

日本で最初に飛行原理を研究した二宮忠八が創建した神社。
飛行機の神として饒速日命と航空事故の犠牲者などを祀る。

メタリックな鳥居やギリシャ神殿風の拝殿がユニーク。


DSCF5064.jpg

DSCF5058.jpg

DSCF5061.jpg

DSCF5059.jpg

DSCF5060.jpg



飛行神社(京都府八幡市)

2014.3.14
京都府八幡市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : ご朱印

泰勝寺

松花堂弁当に名の残る、松花堂昭乗は石清水八幡宮の社僧であった。
滝本坊の住持の後、方丈・松花堂を建てて隠居し、松花堂を号とした。

泰勝寺は明治維新時の神仏混淆の廃止によって、松花堂昭乗の墓所として大正9年4月に落慶法要が営まれた。
寺号の「泰勝寺」は熊本の細川家菩提寺・泰勝寺の名をもらったという。


DSCF5056.jpg

DSCF5050.jpg

DSCF5052.jpg

DSCF5054.jpg



泰勝寺(京都府八幡市)

2014.3.14
京都府八幡市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : ご朱印

石清水八幡宮

大分の宇佐神宮・福岡の筥崎宮(または鎌倉の鶴岡八幡宮)とともに日本三大八幡宮の一社である。
平安時代前期に八幡宮総本社の宇佐神宮(大分県宇佐市)から勧請されたものである。
源氏が武神として信仰し、源氏の広がりとともに、源頼義による壺井八幡宮や頼義・頼朝による鶴岡八幡宮など、
石清水八幡宮から勧請された八幡宮が各地に建立された。

一の鳥居の額字「八幡宮」の「八」の字は、向かい合った二羽の鳩が顔を外に向けた形に作られている。

DSCF5047.jpg

DSCF5026.jpg

DSCF5038.jpg

DSCF5042.jpg

DSCF5043.jpg


石清水八幡宮(京都府八幡市)

2014.3.14
京都府八幡市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : ご朱印

満開

暖かくなったなと思ったら、あっという間に桜が満開に。
ちょっと仕事が忙しく、花見を楽しむ余裕無し。
出勤途中に軽く桜を愛でてみる。

早く暇にならないかなぁ(笑)




DSCF5372.jpg

DSCF5373.jpg

2014.4.2
埼玉県川口市

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

桜神宮

教派神道十三派の一・神習教の本祠。
参拝の作法は二礼四拍手一礼であった。(出雲さんと同じですね)

名のとおり桜が丁度満開でした。

IMG_9931.jpg

DSCF5201.jpg


桜神宮(東京都世田谷区)

2014.3.22
東京都世田谷区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : ご朱印

教学院

江戸五色不動のひとつ、目青不動である。
明治15年(1882年)に廃寺とされた観行寺(正善寺とも)の本尊であった不動明王像である。

このお寺はもともと江戸城付近にあったものが、戸城築城により麹町貝塚に移転、のちに赤坂三分坂へ
移転したという。明治になってから現在地に移転したとの事。


DSCF5185.jpg

DSCF5186.jpg


教学院 目青不動(東京都世田谷区)

2014.3.22
東京都世田谷区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : ご朱印

招き猫

豪徳寺は招き猫発祥の地という説もあるようです。

井伊直孝が猫により門内に招き入れられ、雷雨を避け、和尚の法談を聞くことができたことを大いに喜び、
後に井伊家御菩提所としたという言い伝えからだそうです。

「招福猫児(まねぎねこ)」と称し、招猫観音(招福観世音菩薩、招福猫児はその眷属)を祀る「招猫殿」を置く。
招猫殿の横には、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されている。

IMG_9914.jpg

DSCF5164.jpg

IMG_9913.jpg

DSCF5160.jpg

2014.3.22
東京都世田谷区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR