FC2ブログ

小日向神社

当社付近にあった氷川神社と八幡神社とが合祀して明治2年に小日向神社となったといいます。
氷川神社は、常陸国長官平貞盛が、日輪寺の上の蓮華山に天慶3年(940)建立されたもの。
八幡神社は田中八幡と言い、音羽一丁目に貞観3年(860)建立されたものだそうです。

IMG_7896.jpg

IMG_7897.jpg


2014.11.24
東京都文京区
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

今宮神社(文京区)

桂昌院殿の発願により、護国寺建立に際して、同所に京都柴野今宮神社より御分霊を迎えて創建したのがはじめと言われています。
神仏分離により現在の地に遷座したといいます。
創祀以来三百年余青柳・音羽・桜木の鎮守神として崇敬されてきました。
境内末社に天日鷲神社がある。

IMG_7891.jpg

IMG_7892.jpg

IMG_7894.jpg


2014.11.24
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

正八幡神社

創建年代は不詳です。
関口台の鎮守として祀られていたといい、椿山八幡宮を下の宮と呼び、当社を上の宮と称していたといいます。
現在椿山八幡宮は、水神社に合祀されているとのこと。

IMG_7877.jpg

IMG_7880.jpg

IMG_7884.jpg


2014.11.24
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

幸神社(こうじんじゃ)

創始は詳かでないが、古くこの辺鎌倉街道の枝道にて道の神を祀ったとも、
又この辺の長者が金の駒を塚に納め幸神を勧請したとも伝えられ、
別称道山幸神社また駒塚神社とも称された。
又縁結び和合の神との信仰もあった。(「文京区神社誌」より)

IMG_7876.jpg

2014.11.24
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

水神社

創建の年代は不明らしい。
水神が八幡宮社司の夢枕に立ち、「我水伯(水神)なり。我をこの地に祀らば堰の守護神となり、村民を始め江戸町ことごとく安泰なり」と告げたのでここに水神を祭ったという。
このあたりは神田上水の関があったようで、そういった縁から祭られているのであろう。

境内には大きな銀杏が並んで立っていた。
穏やかな日であった。近くを散策していた人だろうか、祠の前に腰掛け銀杏を眺めていた。

IMG_7869.jpg

IMG_7871.jpg

IMG_7874.jpg


2014.11.24
東京文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

元赤城神社

元赤城神社は、赤城神社が最初に鎮座した旧地だといいます。
創建は正安2年(1290)とのこと。
太田道灌が赤城神社を寛正元年(1460)牛込へ遷座した際、里人が旧地に元赤城大明神として祀ったといわれています。

IMG_7864.jpg


2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

天祖神社(新宿区)

創建年代は不詳。古くから早稲田村の鎮守として神明宮の記載が残るようだ。
もともとは新宿区榎町界隈に鎮座していたが、後に現在地に遷座したとのこと。
このあたり一帯が「茗荷畑」であったことから「茗荷畑の神明宮」として里人から信仰されてきた。
赤城神社境外社であるそうだ。

IMG_7859.jpg

IMG_7860.jpg

IMG_7861.jpg


2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

池立大神

三河藩松平家邸内に鎮祭してあったが明治にいたり明治に至り境内を添えて喜久井町に譲渡されたものらしい。

IMG_7857.jpg


2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

穴八幡宮

蟲封じのほか、商売繁盛や出世、開運に利益があるとされる神社である。
かつては高田八幡宮と呼ばれていたようである。
社伝によると、源義家が奥州からの凱旋の途中、この地に兜と太刀を納め、八幡神を祀ったのが起源と言う。
その後、宮守の庵を造るため、社僧良晶が南側の山裾を切り開いていると横穴が見つかり、中から金銅の御神像が現れた。
掘った人は「芽出度い」と大喜びし、以来、「穴八幡宮」と称するようになった様である。
3代将軍徳川家光は、この話を聞いて穴八幡宮を幕府の祈願所・城北の総鎮護とした。
代将軍徳川吉宗は、に世嗣の疱瘡平癒祈願のため流鏑馬を奉納した。

IMG_7856.jpg

IMG_7854.jpg

IMG_7851.jpg

IMG_7850.jpg


2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

神田川

東京都三鷹市井の頭恩賜公園内にある井の頭池に源を発し東へ流れ、台東区、中央区と墨田区の境界にある両国橋脇で隅田川に合流する、流路延長24.6kmの河川である。

といっても、関西に生まれ育ったオイラにとっては、南こうせつとかぐや姫が歌ったフォークソングの印象が強い。

IMG_7847.jpg

貴方はもう忘れたかしら
赤い手拭いマフラーにして
二人で行った横町の風呂屋
一緒に出ようねって言ったのに
いつも私が待たされた 洗い髪が芯まで冷えて
小さな石鹸カタカタ鳴った 貴方は私の体を抱いて
冷たいねって言ったのよ

窓の下には神田川
三畳一間の小さな下宿 貴方は私の指先見つめ
悲しいかいって聞いたのよ
若かったあの頃 何も恐くなかった
ただ貴方の優しさが恐かった ♪


都電荒川線の停留場名にもなっている面影橋という橋が架かっている。
歌川広重の名所江戸百景にも描かれている橋で(当然当時の姿なのでコンクリート橋ではないが:笑)ある。
また、付近は太田道灌の逸話にある山吹の里の地とされている。
道灌が鷹狩りに出かけた際ににわか雨にあってしまう。付近のみすぼらしい民家に立ち寄って蓑を借りようとしたところ、出てきた少女は山吹の花一輪を差し出した。
道灌は意味がわからず怒ってしまったが、後に「後拾遺和歌集」で中務卿兼明親王(914~87)が詠んだ和歌、
「七重八重花は咲けども山吹の実のひとつだに無きぞ悲しき」
という和歌を踏まえ、「実の」と「蓑」を掛けていたということを知る。古歌を知らなかったことを恥じた道灌は、それ以後歌道に励んだという逸話である。

IMG_7846.jpg



2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 街の風景
ジャンル : 写真

高田氷川神社

氷川神社の創建は、武蔵国一宮の氷川神社を当地に分霊したことに始まるといわれる。
祭神は、素盞嗚命・奇稲田姫命・大巳貴命(大国主命)の三柱で、平安時代の歌人、在原業平(六歌仙の一人)も参拝したと伝えられる。
江戸時代には氷川大明神と呼ばれ、下高田村(豊島区高田・雑司ヶ谷・目白・文京区目白台)の総鎮守として信仰を集めていた。
主神が素盞嗚命であることから、俗に「男体の宮」といわれ、奇稲田姫命を主神とする落合村(新宿区下落合)の下落合氷川神社の「女体の宮」と合わせて、「夫婦の宮」と呼ばれていたという。

IMG_7840.jpg

IMG_7841.jpg

IMG_7845.jpg


2014.11.24
東京都豊島区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

早稲田天祖神社

早稲田天祖神社は、新宿区西早稲田にある天祖神社です。
江戸時代には神明宮、神明神社と称していたものが、明治に入り天祖神社と改められたようです。
豊臣家の遺臣、小泉源兵衛が大阪夏の陣、元和元年(1615)の戦いに敗れ、この地に隠れ住み、荒地を拓き、
伊勢の内宮、外宮に参籠して霊感を受け、正保2年(1645)にこの神社を創祀したとのことです。

IMG_7834.jpg

IMG_7836.jpg


2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

甘泉園

徳川御三卿の一つ・清水家の下屋敷があったところで、屋敷にあった回遊式の大名庭園は新宿区立の公園となっている。
湧き出ていた湧き水がお茶に適して評判であったことから、「甘泉園」と呼ばれていた。
明治時代には相馬子爵家の邸宅になったが、昭和13年に近隣にある早稲田大学の施設となった。
戦後は東京都に売却されて都立公園となったが、1969年に新宿区の管轄となって現在に至る。

IMG_7826.jpg

IMG_7829.jpg

IMG_7830.jpg

2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

水稲荷神社

元々冨塚稲荷や将軍稲荷と呼ばれていた様である。
元禄15年(1702年)に霊水が湧き出し、水稲荷神社と改名された。
眼病のほか水商売および消防の神様として有名である。
甘泉園公園に隣接した地にありとても落ち着いた雰囲気である。

IMG_7813.jpg

IMG_7816.jpg

IMG_7818.jpg

2014.11.24
東京都新宿区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

野火止用水

野火止用水(のびどめようすい)は 、東京都立川市の玉川上水から分流し埼玉県新座市を通り新河岸川(志木市)に続く用水路である。
幕府老中で上水道工事を取り仕切っていた川越藩主松平信綱は玉川上水を開削した功労より、玉川上水から領内の野火止(新座市)への分水が許され、承応4年(1655年)に家臣の安松金右衛門と小畠助左衛門に補佐を命じ、野火止用水を作らせた。
野火止用水の開削によって人々の生活が豊かになったことを信綱に感謝し、野火止用水を信綱の官途名乗りである「伊豆守」にあやかって伊豆殿堀と呼ぶようになった。
戦後に入り生活様式が変化すると生活排水の混入などにより水質汚染が激しくなった。現在は東京都の「清流復活事業」により高度処理水(下水処理水)を使用して水流が復活している。

IMG_7801.jpg

IMG_7803.jpg


2014.11.23
埼玉県新座市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

野火止氷川神社

創建は、江戸時代初期の承応二年(1653)と伝えられています。
川越藩主松平信綱公と伝えられています。
川越藩主松平信綱公によりこの野火止の地が開発された年でもあります。
以来村の守り神として人々の崇敬をあつめ、子々孫々五穀豊穣天下泰平の祭りが行われてきました。
<境内の掲示板記載より抜粋>

DSCF7824.jpg

DSCF7826.jpg

DSCF7827.jpg


2014.11.23
埼玉県新座市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

大安楽寺(日本橋)

大安楽寺は、牢屋敷跡だった当地に誰も住み着かなかったため、大倉喜八郎・安田善次郎らが
寄進して、両氏の名(「大」と「安」)より大安楽寺と号して明治15年に創建したといいます。
高野山より弘法大師の像を遷座したことに因み新高野山と号したといいます。

IMG_7706.jpg

IMG_7703.jpg

IMG_7705.jpg


2014.11.16
東京都中央区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

千代田神社(日本橋)

創建年代は不詳とのこと。
千代田村と呼ばれていた江戸城内の地にあった稲荷社を慶長年間(1596-1615)に移したものらしい。
旧地名を冠して千代田稲荷と称したのであろう。

IMG_7701.jpg

2014.11.16
東京都中央区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

竹森神社(日本橋)

境内にある案内には、以下のように記載されている。

小伝馬町3丁目の守護神である。
「竹森神社」は、江戸時代よりこの付近に竹やぶが多く、竹につながる町、竹職人の町ともいわれ、竹藪にちなんで竹森神社としたと言われている。
神体は伏見稲荷からもらいうけ、俗に「江戸七森」の一つに数えられて、江戸市中、数多い稲荷神社の仲で由緒深いものとされている。
     江戸七森
「椙森」すぎのもり     堀留
「烏森」からすもり     新橋
「初音森」はつねもり   馬喰町
「柳森」           柳原土手
「あずまの森」       向島
「笹森」ささのもり     谷中
「竹森」           小伝馬町

IMG_7699.jpg


2014.11.16
東京都中央区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

富沢稲荷神社

創建年代は不詳ですが、以前は往古巴熊稲荷神社と称していたといいます。
昭和25年元弥生町・新大阪町・元浜町三力町それぞれの稲荷社が合祀され、富沢稲荷神社と改称したといいます。

IMG_7694.jpg


2014.11.16
東京都日本橋

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR