FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜便り 浮間公園

かつて荒川は大きく南に蛇行していた。
1928年(昭和3年)に荒川が直線化された際、川の名残として浮間ヶ池が残った。
それまで荒川の左岸側(埼玉側)だった浮間は、このとき右岸側(東京側)になった。
1967年(昭和42年)に東京都は浮間ヶ池を含めた周辺を都立浮間公園とした。
公園には桜の樹が沢山植えられていて、このあたりでは有名な花見スポットである。

IMG_0243.jpg

IMG_0244.jpg

IMG_0265_20150329225750467.jpg

IMG_0247.jpg


2015.3.29
東京都北区
スポンサーサイト

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

桜便り 六義園

六義園の枝垂桜を見に行ってきた。
丁度満開で見事な花を見せてくれたが、見物客の多さにも驚いた。

六義園は、徳川五代将軍・徳川綱吉の側用人・柳沢吉保が、自らの下屋敷として造営した大名庭園である。
「六義園」の名称は、紀貫之が『古今和歌集』の序文に書いた「六義」(むくさ)という和歌の六つの基調を表す語に由来するらしい。
六義園は自らも和歌に造詣が深かった柳沢が、この「六義」を『古今和歌集』にある和歌が詠うままに庭園として再現しようとしたもので、その設計は柳沢本人によるものと伝えられている様である。
庭園入口近くにある枝垂桜は名木として有名で、夜にはライトアップも実施されている。

IMG_0116.jpg

IMG_0122.jpg

IMG_0128.jpg

IMG_0166.jpg

IMG_0205.jpg


2015.3.28
東京都文京区

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

桜便り 千鳥ケ淵

今年の東京の桜開花宣言は3/25であった。
おおおそ開花から一週間から十日程度で満開となるはずである。
この週末は、満開とまでは行かなくても、そこそこ咲いているはずと
千鳥ケ淵を散策してみた。
今週中にちょっと肌寒い日が続いたからであろうか
、桜の咲き具合は三分咲きていどであった。
それでも日当たりの良いところは充分見ごろであった。

IMG_0059.jpg

IMG_0058.jpg

IMG_0099.jpg

IMG_0093_201503290010496ec.jpg



2015.3.28
東京都千代田区

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

ノリタケの森

陶器メーカ ノリタケカンパニーリミテドの本社工場に隣接するある公園である。
赤レンガ製の工場の建物群やかつての工場のシンボルマークであった6本の大煙突を用いたオブジェなどがある。

IMG_9629.jpg

IMG_9631.jpg

IMG_9634_201503252107501a3.jpg

IMG_9635.jpg


2015.3.21
愛知県名古屋市西区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

市政資料館の桜

まだ、ソメイヨシノは開花していないこの時期、一足早く桜が満開だった。
鳥達も花の蜜を求めてやってきている様である。

IMG_9680_201503252058319d8.jpg

IMG_9679.jpg

IMG_9705.jpg

IMG_9714.jpg

IMG_9702.jpg



2015.3.21
愛知県名古屋市東区

テーマ : 花の写真
ジャンル : 写真

名古屋市市政資料館

1922年に建設された旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎を名古屋市市政資料館として公開されている。
建物は重要文化財に指定されており、外観や内部を創建当時の姿に復原し、建物の保存展示、および資料展示を行なっている。なお、玄関、中央階段室および復元会議室以外の内装は重要文化財の指定対象外である。
建物の周りには大寒桜、カンヒザクラ、トウカイサクラなどの早咲きの桜から、ソメイヨシノ、サトザクラまで、10数種類の桜の木が130本ほど植えられていて、3月、4月長く桜が楽しめる。

IMG_9686.jpg

IMG_9682.jpg

IMG_9685.jpg



2015.3.21
愛知県名古屋市東区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

剣神社(蕨市)

蕨駅と西川口駅の中間あたりの住宅街にその神社はあった。
なんでも、かつては大宮の方にあった神社だそうです。
何年か前に遷座先を探してこの地に遷ってきたとの事。
外観は鳥居が無ければまったくの普通の住宅です。

IMG_9367.jpg

DSCF7985.jpg

DSCF7986.jpg


2015.2.21
埼玉県蕨市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

上戸田氷川神社

戸田城主桃井直和が武運長久のために大宮氷川神社を勧請して永徳2年(1382)に創建したと伝えられています。
桃井直和は、足利一門の武将で越中の守護も務めた桃井直常を父に持ち、上皇・将軍・武将の援助を受けて「幸若舞」を創始大成した桃井幸若丸(直詮)を息子に持つ人物です。

DSCF7990.jpg

DSCF7993.jpg

DSCF7996.jpg


2015.3.8
埼玉県戸田市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

下戸田氷川神社

創建年代等は不詳ながら、古くより鎮座している様です。
下戸田村の鎮守社として信仰を集めてきました。

IMG_9362.jpg

IMG_9365.jpg

IMG_9364.jpg


2015.2.21
埼玉県戸田市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

大徳稲荷神社(川口市)

アリオ川口の前に小さな稲荷神社があった。
サッポロビール埼玉工場跡地の再開発事業としてアリオ川口は2005年に開店。
この稲荷神社はかつてビール工場内にあったものらしいです。

IMG_9355.jpg

IMG_9357.jpg

IMG_9356.jpg


2015.2.21
埼玉県川口市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

十二所神社

「十二所」とは、十二柱の神々の意で、熊野三山を勧請し奉斎することに起源を有する神社です。
熊野三所権現三柱のほかに天照大神を勧請して「若一王子」と称し、更に八柱を加えて十二殿に鎮斎したことから「熊野十二所権現」と呼ばれるようになったとのこと。
『風土記稿』前田村の項には、真言宗宝林寺の境内社として「十二所権現社 村の鎮守なり、元は樋爪村の氷川を鎮守とせりと云」とあり、宝林寺の本寺は慈林村(川口市安行慈林)の宝厳院であったそうです。
明治四十五年に大字大幡木の八幡神社に合祀されましたが、昭和二十六年に氏子の総意により復祀が行われました。

IMG_9350.jpg

IMG_9351.jpg

IMG_9352_20150315210958936.jpg


2915.2.21
埼玉県川口市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

上青木氷川神社

室町時代中期の創建とのことであるが詳細は不明である。

IMG_9334.jpg

IMG_9335.jpg

IMG_9337.jpg


2015.2.21
埼玉県川口市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

青木氷川神社

応永年問(1394-1428)の創建と伝えられている。
江戸時代には修験宗般若院が別当寺を務め、下青木村の鎮守社となっていた様である。

IMG_9339.jpg

IMG_9342.jpg

IMG_9346.jpg


2015.2.21
埼玉県川口市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

中山神社

中氷川神社とも呼ばれる神社である。
氷川神社・氷川女体神社とともに一体の氷川神社を形成していたという説がある。
「中氷川」の由来は、氷川神社と氷川女体神社の中間に位置することから付けられたという。
社伝では、鎮火祭の火により「中氷川」の氷が溶け、「中川」の地名になったとされる。

IMG_8914_20150314234452254.jpg

IMG_8920.jpg

IMG_8922.jpg


2015.2.11
埼玉県さいたま市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

鳩ヶ谷氷川神社

鳩ヶ谷宿・辻村・里村の鎮守で、応永元年(1394)に造営されたと言われています。
この地は鎌倉期奥州への街道である鎌倉街道中道筋にあたっており、後に日光御成道となったことより
古くから宿場として賑わっていた様です。
徳川家康が奥州出陣の途次、同社境内で休息したという故事も残っているようです。

IMG_8896.jpg

IMG_8892.jpg

IMG_8880.jpg


2015.2.8
埼玉県川口市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

荻窪白山神社

旧下荻窪村の鎮守である。
創建は、社伝によると文明年間(1469年~1486年)に関東管領上杉顕定の家来中田加賀守が、屋敷内に五社権現社を奉齋したのにはじまる様だ。
かつて歯の神様として知られていました。
伝えられるところによると中田加賀守の弟兵庫が、激しい歯痛に悩んでいたある夜、御神託により境内の萩を箸として食事をすると不思議に歯の痛みが止ったという。
この事情を聞いた近隣の人々は、歯痛もなおる神様として信仰厚く参拝者も多くなったといわれています。

IMG_8866_20150314221212bb0.jpg

IMG_8869.jpg


2015.2.1
東京都杉並区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

天沼八幡神社

天正年間(1573-1591)の創建とされ、四百数十年もの間この地の「鎮守さま」として信仰を集めてきました。
八幡神は武勇の守護神としてこの天沼村に勧請されたとされています。
また天沼村は江戸麹町山王権現(現赤坂日枝神社)の社領であった所以で、境内末社に日枝神社があると考えられています。

IMG_8858.jpg

IMG_8860.jpg

IMG_8862.jpg


2015.2.1
東京都杉並区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

天沼熊野神社

社伝によれば神護景雲2年(768年)に東海道巡察使が武蔵国に来たときに、氏神を勧請し別当を置いたのがはじまりと伝えられている。
元弘3年(1333年)に新田義貞が北条高時を討つために鎌倉へ軍を進める途中、当地に布陣し、社殿を創設したとも伝えられている。
応永2年(1395年)に当地に帰農した朝倉三河守という武将が社殿を修理し、「十二社権現」と称していた。
明治維新後、熊野神社と名称を改めた様です。


IMG_8855.jpg

IMG_8856.jpg


2015.2.1
東京都杉並区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

阿佐ヶ谷神明宮

阿佐ヶ谷の地名は桃園川の浅い谷地であった事に由来しているとされ、中世には阿佐ヶ谷氏と呼ばれる一族が
支配した阿佐ヶ谷村と呼ばれていました。
建久元年(1190年)頃の、この地の土豪横井兵部が伊勢神宮に参拝した際に、神の霊示を受け、
霊石を持ち帰りこの地にに安置したと伝えられている。
『江戸名所図絵』によると、日本武尊が東征の帰途阿佐谷の地で休息し、後に尊の武功を慕った村人が
一社を設けたのが始まりとされている。
江戸時代から庶民の信仰が篤く、その一端を示す「内藤新宿仲下旅籠中仲下茶屋中」の文字が刻まれた文政十一年(1828年)の銅製の三本御幣が奉納されている。

IMG_8846.jpg

IMG_8849.jpg

IMG_8851.jpg


2015.2.1
東京都杉並区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

馬橋稲荷神社

鎌倉時代の末期の創建と言われる。
天保2年(1831年)には拝殿改築に際して氏子が拠金し、これをもって京都白川神祇伯家御役所に上申し、
翌年に「正一位足穂稲荷大明神」の神号を拝受する。
明治40年(1907年)に村内の御嶽神社・白山神社・天神社・水神社を合祀した。
昭和40年(1965年)に住居表示改正により馬橋の地名が消えるのを憂い、神社名を「馬橋稲荷神社」とした様である。

IMG_8835.jpg

IMG_8837.jpg

IMG_8838.jpg

IMG_8845.jpg


2015.2.1
東京都中野区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。