FC2ブログ

金刀比羅宮 東京分社

文政2年、板橋の市左衛門の邸内祠として祀られたのが始まりと言われています。
明治13年、神社として認められ、明治21年に金刀比羅宮 境外末社に加えられました。
明治23年には神田和泉町にあったものを、深川古石場町に移転、「深川のこんぴらさん」として親しまれていました。
しかし、昭和20年、戦災にあい建造物を焼失しました。
讃岐高松藩の邸内社として奉斎されていた水道橋金刀比羅神社と深川のこんぴらさんを合わせ祀り、
昭和39年、文京区本郷に遷座しました。以来「水道橋のこんぴらさん」として親しまれています。

IMG_1397.jpg

IMG_1399.jpg

IMG_1401.jpg


2015.5.10
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

桜木神社(文京区)

太田道灌が江戸城を築城の際、城内に北野天神を勧請、創建したのが始まりだそうです。
二代将軍徳川秀忠の代に旧櫻の馬場の地へ遷座しました。また、元禄3年(1690)その地に
昌平坂学問所が設立されることになったため当地へ遷座したといいます。

IMG_1392.jpg

IMG_1394.jpg

IMG_1393.jpg

2015.5.10
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

三河稲荷神社(文京区)

徳川家康が江戸開府の際、先勝祈願が叶う自身のお守りとして信仰していた稲荷を勧請した。
このことが、稲荷信仰が江戸に広まった基になったといわれている。

IMG_1388.jpg

IMG_1391.jpg


2015.5.10
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

講武稲荷神社

安政4年(1857)の鎮座と伝えられる。
ご神体は運慶作と言われるらしい。
大正12年の震災により焼失したが、その後区画整理により現在地に安置されるようになったとの事。

IMG_1375.jpg


2015.5.10
東京都千代田区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

松尾神社(千代田区)

京都の松尾大社(御祭神は大山咋神)から勧請したと伝えられているものの、松尾大社側にはこちらに分霊した記録が無い様で、由緒の不明な神社である。
小ぶりのお社ですが、鳥居も賽銭箱も共に銅製の立派なものです。
賽銭箱の正面には神田市場の文字が書かれているようで、市場関係者がお祀りしたものであろうか。

IMG_1370_20150531231100b17.jpg


2015.5.10
東京都千代田区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

幸福稲荷神社(千代田区)

江戸時代山城国城主稲葉丹後之守(三代将軍徳川家光の乳母 春日の局の後裔)の江戸小石川中屋敷に祀られ、鍛冶屋稲荷と称したといいます。
ビルの一角に祀られている風変わりなお稲荷さんです。

IMG_1363.jpg


2015.5.10
東京都千代田区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

太田姫稲荷神社

室町時代中期に太田道灌の娘が天然痘に罹って生死の境をさまよい、
京都の一口稲荷神社が小野篁にまつわる縁起により天然痘に霊験があると
聞いた道灌が娘の回復を祈願したところ、天然痘が治癒したという。
道灌はこのことに感謝し、一口稲荷神社を勧請して旧江戸城内に稲荷神社を
築いたとされる。後に城内鬼門に祀られたとされる。

IMG_1356.jpg

IMG_1357.jpg

IMG_1360.jpg


2015.5.10
東京都千代田区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

大将軍八神社

都の方除けの天門守護として平安京建設時に造営され、当初は大将軍堂と呼ばれたという。
大将軍は陰陽道の方位神であり、とくに建築や転居、旅行などにおいて方角の吉凶を司る神であるため、長きにわたり民間の崇敬を集めた。
神仏分離令にて祭神は素盞嗚尊と改められた。社号の「八神社」は、陰陽道の暦神(八将神)を祀るところから来ており、後には素盞嗚尊の御子神八柱の意味とされた様である。

IMG_1247.jpg

IMG_1248_20150526001336e06.jpg

IMG_1251_2015052600133357f.jpg



2015.5.5
京都府京都市上京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

雨宝院

元は大聖歓喜寺(だいしょうかんきじ)と呼ばれ、千本五辻(せんぼんいつつじ)にあったが、応仁の兵乱(1467)により堂宇は荒廃し、天正年間(1573~92)に当地に再興されたものといわれている。
本堂に安置する本尊聖天(歓喜天)像は、像頭人身六臂(ぴ)の等身像で、嵯峨天皇の御病平癒祈願に一刀三礼して造られたものと伝えられている。
観音堂に安置する千手観音立像は、藤原初期の重要な作風を示す優品であり、重要文化財に指定されている。
また、胎蔵界(たいぞうかい)を表わすあせかき弘法大師像も有名である。
境内東南にある手洗井戸は「染殿井(そめどのい)」といい、この水を染物に用いるとよく染まるといわれ、夏の旱魃(かんばつ)時でも涸(か)れることがないという。

IMG_1241.jpg

IMG_1236.jpg

IMG_1237.jpg

IMG_1239.jpg


2015.5.5
京都府京都市上京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

首途八幡宮(かどで はちまんぐう)

宇佐神宮から八幡大神を勧請したのが始まりと伝えられる。
平安京の大内裏の東北(鬼門)に位置したため、王城鎮護の神とされた。桃園親王がこの地に邸宅を建て、境内地に桃の木を植えたりして、諸人の崇敬の厚い神社として、天皇家からも深い信任を得ていた。
源義経は奥州平泉に赴く際に、道中の安全を祈願して出発したといわれている。
「首途」(かどで)とは「出発」を意味し、この由緒により「首途八幡宮」と呼ばれるようになった。このことから、特に旅立ち、旅行安全の神として信仰を集めている。

IMG_1226.jpg

IMG_1228.jpg

IMG_1229.jpg

IMG_1227_20150524232026110.jpg



2015.5.5
京都府京都市上京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR