FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八二神社(台東区)

鶯谷のラブホ街にほど近いところにある神社である。
加賀藩主前田家が明治にこの場所(根岸82番地)に五千坪の土地を貰い本郷から引っ越した場所である。
屋敷内に八坂・稲荷・菅原の三神を祭ったのが始まりの様である。
本殿の扉には前田家の紋所が描かれています。
神社名は番地と合致しているので、名前の由来かもしれません。

IMG_3122.jpg


2015.6.20
東京都台東区
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

駒込天祖神社

源頼朝公の奥州藤原泰衡征伐の時、霊夢のお告げがあり神明を祀ると伝えられている。
その後神社は廃れてしまったが、堀丹後守年直により再興された。
江戸時代には駒込神明宮と称され、駒込村総鎮守とされた。

IMG_3088_2015072223295042b.jpg

IMG_3092.jpg

IMG_3094.jpg

IMG_3090.jpg


2015.6.20
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

駒込富士神社

本郷村の名主の夢枕に木花咲耶姫が立ち、現在の東京大学の地に浅間神社の神を勧請したという。
その後現在地移転した様である。
拝殿は富士山に見立てた富士塚の上に建てられている。
江戸期の富士信仰の拠点の一つで、現在に至るまで「お富士さん」の通称で親しまれている。

初夢で有名な「一富士、二鷹、三茄子」は、周辺に鷹匠屋敷があった事、駒込茄子が名産物であった事に由来する様である。
「駒込は一富士二鷹三茄子」と当時の縁起物として川柳に詠まれた様である。

IMG_3082.jpg

IMG_3086.jpg

IMG_3084.jpg


2015.6.20
東京都文京区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

日枝神社(東京都北区)

源義家が奥州に出陣のさい、当白山社に詣で戦勝を祈り奥州を平定し、当地を経て鎌倉より京へ戻ったという
言い伝えがあります。
このことより鎌倉期以前の創建と考えられますが、詳細は不明です。

IMG_3065.jpg

IMG_3066.jpg

IMG_3069_2015072100015649b.jpg

IMG_3071.jpg

IMG_3070.jpg


2015.6.20
東京都北区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

上田端八幡神社

鎌倉幕府が奥州藤原氏を滅ぼした後、当地の豪族豊島氏を奥州奉行に任じたことから、その戦勝の紀基として鎌倉鶴ケ岡八幡宮を当地に勧請したと伝えられています。
境内には稲荷神社・大山祗神社および白髭神社がまつられています。
このうち白髭神社は、現在の田端中学校の敷地内にあった神社で、その付近の畑の中には、争いの杉と呼ばれる神木がありました。
木の高さは二丈五尺余、幹の太さは九尺位、遠くから望むと松の木にも見えたといわれます。
そこで奥州平泉の高館に源義経を討伐に向かう途中の畠山茂忠が、これを見て家来と松の木か杉の木かと争ったという伝承から争いの杉という名称で呼ばれるようになったといわれています。

IMG_3081.jpg

IMG_3074.jpg

IMG_3075.jpg

IMG_3079.jpg


2015.6.20
東京都北区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

田端八幡神社

1189年源頼朝が奥州征伐を終えて凱旋するときに鶴岡八幡宮を勧請して創建されと伝えられます。
江戸期には、田端村の鎮守でした。
別当寺はお隣の東覚寺だった様です。
東覚寺の赤紙仁王は参道入口に立っていた様です。神仏分離令により、現地に移された様です。

IMG_3055.jpg

IMG_3058.jpg

IMG_3061.jpg

IMG_3062.jpg


2015.6.20
東京都北区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

東覚寺 (東京都北区)

真言宗豊山派の寺院である。
神田に創建。その後根岸(現在の台東区)そして、1600年頃に田端の地に移転されたと言われている。
山門に体中に赤紙が貼られた金剛力士像がある。これは、通称赤紙仁王と呼ばれ、病を患った人がその部分に相応する箇所に赤紙を仁王像に貼ると治癒されると言われており、現在においても赤紙を貼る人が絶たない。
その後病が治癒すると、草履を供えるものとされており、その風習も現在残っている。

IMG_3050.jpg

IMG_3051.jpg

IMG_3045_201507202348065a7.jpg

IMG_3046.jpg


2015.6.20
東京都北区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

富岡八幡宮 (横浜市)

源頼朝が摂津国難波の蛭子神(恵比寿神。西宮神社の末社のものと言われる。)を勧請して創建したと言われる。
後に八幡神が合祀されたという。
八幡宮の山が応長の大津波から富岡地区を守ったことから「波除八幡」の別名を持つ。
東京深川の富岡八幡宮はこの神社の分社だそうだ。

IMG_2522.jpg

IMG_2518.jpg

IMG_2519.jpg

IMG_2521.jpg

IMG_2514.jpg


2015.5.31
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

熊野神社(横浜市金沢区)

130段余りの急な階段を上ると拝殿と本殿がある。
熊野に坐す三社を奉斎する熊野三社宮で熊野三神の本地仏(阿弥陀如来(本宮)と薬師如来(速玉)と千手観音(那智))が祀られている。
由緒や創立年代は不詳だそうだが、本地仏が安置されており、廃仏毀釈がなされず、神仏習合のまま残っている。
明治維新まで真言宗宝蔵院が別当寺であったとのこと。

IMG_2497_20150720233451e25.jpg

IMG_2498.jpg

IMG_2500.jpg

IMG_2501.jpg


2015.5.31
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

金沢八幡神社

寺前八幡神社と呼び親しまれて、江戸時代までは、八幡報恩寺(はちまんほうおんじ)という別当寺も神社の北側にありましたが、廃寺となって、神社の記録も残っていません。
金沢文庫の古文書に700年前の称名寺造営の運ぶ舟が八幡河岸(がし)に陸揚げした、とあることから、鎌倉時代に存在していたことがわかります。

IMG_2489.jpg

IMG_2490.jpg


2015.5.31
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

町屋神社(横浜市金沢区)

町屋町の総鎮守です。
大阪城落城の1615年頃豊臣家の遺臣がこの地にやってきて牛頭天皇を祭ったのが起源とされています。
素戔嗚尊が祀られています。

IMG_2487.jpg

IMG_2488.jpg


2015.5.31

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

洲崎神社(横浜市金沢区)

もとは長浜という所にあった神社。
長浜は、海に十八町も突き出た町で、「長浜千軒」といわれるほどだったが、1311年(応長元年)の大津波によって流されてしまったため、住民とともに鎮守の第六天社が洲崎に移された。
現在の建物は、1838年(天保9年)に再建されたもの。明治の神仏分離によって洲崎神社と称されるようになったとのこと。

IMG_2481.jpg


2015.5.31
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

琵琶島神社

源頼朝が三島明神を勧請して瀬戸神社を創建した時に、
夫人の北条政子が夫にならって、
日頃信仰する琵琶湖の竹生島弁財天を勧請して、
瀬戸神社の海中に島を築いて創建したと伝えられています。
島の形が琵琶に似ているので「琵琶島弁財天」とも呼ばれています。

IMG_2478.jpg

IMG_2479.jpg


2015.5.31
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

瀬戸神社

泥亀町から釜利谷東にわたる一帯は入り江となっており、現在当社のある辺りの狭い水路によって平潟湾につながっていた。
この水路は罪穢を流し去る神聖な場所として、海神が祀られるようになった。
1180年源頼朝は伊豆で挙兵した際に加護をもらった伊豆三島明神をこの地に勧請し、社殿を建立した。
瀬戸三島明神とも呼ばれる所以である。

IMG_2471.jpg

IMG_2473.jpg

IMG_2474.jpg


2015.5.31
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

総持寺

曹洞宗大本山の寺院である。
石川県輪島市の真言律宗の教院「諸嶽観音堂」が、「總持寺」の前身であるそうである。
能登の「総持寺」は、1911年(明治44年)寺基移転にともない「總持寺祖院」と改称されている。1321年(元亨元年)曹洞宗4世の瑩山紹瑾は、「諸嶽観音堂」への入院を住職の定賢から請われる。また同年に定賢より「諸嶽観音堂」を寄進され、寺号を「總持寺」、山号は「諸嶽観音堂」にちなみ「諸嶽山」と改名し禅院とする。
1322年(元亨2年)後醍醐天皇より「曹洞賜紫出世第一の道場」の綸旨を受けて官寺、大本山となり、曹洞宗を公称する。住職を5つの塔頭(普蔵院、妙高庵、洞川庵、伝法庵、如意庵)からの輪番制となる。
1615年(元和元年)徳川幕府より法度が出され、永平寺と並んで大本山となる。栴崖奕堂以降独住制となる。
1911年(明治44年)現在地に移転した。


IMG_2441.jpg

IMG_2445.jpg

IMG_2444.jpg

IMG_2454.jpg


2015.5.30
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

宿神明社 (調布市)

神代植物園の入り口近くにある神社。
創建など詳細は不明である。

IMG_2424.jpg

IMG_2425.jpg

2015.5.24
東京都調布市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

深大寺

寺名は、仏法を求めて天竺(インド)を旅した中国僧玄奘三蔵を守護したとされる神「深沙大王」(じんじゃだいおう)に因むと伝えられている。
733年に法相宗の寺院として開創、859年に天台宗に改宗した。
湧水の多い国分寺崖線の崖面に立地し境内に複数の湧水源をもつ。
「深大寺そば」が付近の名物として発達したのも国分寺崖線がもたらす水の恵みによる。

IMG_2404.jpg

IMG_2408.jpg

IMG_2409.jpg

IMG_2412_20150706221200c81.jpg


2015.5.24
東京都調布市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

青渭神社(調布市:あおいじんじゃ)

建年代は不詳であるが、古くから深大寺町の総鎮守として信仰を集めている。
社地内には大池があって湧き水が湧き、青波をたたえていたことから、青波天神社とも呼ばれていた様である。

IMG_2397.jpg

IMG_2399.jpg

IMG_2400.jpg


2015.5.24
東京都調布市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

妙顕神社(府中市)

「府中競馬正門前」駅の目の前に鎮座している非常に小さな神社である。
「みょうけん」といえば「妙見」を指しその意味は北極星と関連するという。妙見信仰に関わりのある神社であろう。

IMG_2369.jpg


2015.5.24
東京都府中市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

國領神社

古く多摩川のほとりに鎮座していた第六天社と神明社二社を合祀した神社の様である。
境内に御神木の千年乃藤があることから「千年乃藤のお宮」とも呼ばれており、この藤の木は「ちょうふ八景」(調布八景)の一つに数えられている。

IMG_2391.jpg

IMG_2393.jpg

IMG_2394.jpg


2015.5.24
東京都調布市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。