FC2ブログ

小田代ヶ原

小田代ヶ原は奥日光の中西部に位置し、標高約1,405mから1,430m、湿原から草原への遷移期にあり、両者の特徴を持ち希少な景観を有する湿地である。
この季節は草紅葉が美しい景色を見せてくれる。

IMG_5052.jpg

IMG_5063.jpg

IMG_5073.jpg

2015.10.4
栃木県日光市

続きを読む

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

彩り

ひときわ賑やかなのが、カエデ・サクラ・ツタあたりであろうか。
山歩きの楽しみの一つである。

IMG_5019_20151005225922f65.jpg

IMG_5026.jpg

IMG_5109.jpg


2015.10.4
栃木県日光市

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

苔むした倒木

奥日光の気候は、冬季に少雨で夏季に多雨となる典型的な太平洋側気候である。
倒木に生えた苔が緑の輝きを放っていた。

IMG_4990.jpg

IMG_4996.jpg

IMG_5006.jpg

2015.10.4
栃木県日光市

続きを読む

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

戦場ヶ原神戦譚

「戦場ヶ原神戦譚」には、地名の由来となった伝説が記されている。
湿原は、当時下野国(現在の栃木県)の二荒神(二荒山(男体山))と上野国(ほぼ現在の群馬県)の赤城神(赤城山)がそれぞれ大蛇(男体山)と大ムカデ(赤城山)に化けて戦った戦場であるというものである。
争いの原因は中禅寺湖を巡る領地争いで、この伝説で勝ったのは二荒神の孫で弓の名手であった小野猿丸を味方につけた二荒神(男体山)であったとされる。

湿原の周辺にはこの湿原をつくったであろう小川が沢山流れている。
秋色を身にまとった木々が、迎えてくれた。


IMG_4987.jpg

IMG_4993.jpg

IMG_4991.jpg


2015.10.4
栃木県日光市

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

戦場ヶ原

戦場ヶ原は、標高約1,390から1,400メートルの平坦地に広がる400ヘクタールの湿原である。
湿原はもともと湯川が男体山の噴火で堰き止められた堰止湖であったが、その上に土砂や火山の噴出物が積もりその上にヨシなどの水生植物の遺骸が腐らずに堆積して陸地化し湿原となったものである。

秋らしい休日、戦場ヶ原では紅葉が始まっていると聞いて出かけてみた。


IMG_5022.jpg

IMG_5023.jpg

IMG_5025.jpg



2015.10.4
栃木県日光市

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

夜支布山口神社

やきふやまぐちじんじゃと読む。
大柳生の氏神で、平安時代の延喜にあらわれている古い社です。
境内にある摂社立盤 神社の本殿は、春日大社の第四殿を、延享四年(1747年)に、ここに移したものです。
この神社には、一年交代で集落の長老の家に神様の分霊をむかえる「回り神明 」と言う、珍しい行事が伝えられており、700年の伝統をもつ大柳生の太鼓踊りが奉納されます。

IMG_4982.jpg

IMG_4984.jpg

IMG_4983.jpg

IMG_4985.jpg


2015.9.22
奈良県奈良市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

柳生八坂神社

承応3年(1654)柳生宗冬が大保町にある八坂神社の祭神素戔嗚尊の分霊を勧請して社殿を造営、八坂神社と改めたと言われています。
元は四之宮大明神と呼ばれ、春日大社の第四殿此売大社を祀っていました。
本殿は春日若宮の社殿を移したものといわれ、室町時代の建設で国指定の重要文化財です。

IMG_4953.jpg

IMG_4957.jpg

IMG_4956.jpg


2015.9.22
奈良県奈良市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

天石立神社

戸岩山という小高い山の北麓、標高330メートルの山中に本殿を有たず、鎮座する巨岩を直接拝する形の神社である。
創祀の年代などはまったく不明である。
巨岩そのものを神体として崇める太古からの祭祀の形態を遺す古社で、鎮座地後方に聳える戸岩山にかけての到る所にも巨石が見られる。
神社のある一帯は戸岩谷と称し「一刀石」をはじめとする巨岩、巨石が累々とする景勝地で、沢庵によって「柳生十景」の一に数えられ、「万年渓」と名付けられている。

IMG_4927.jpg

IMG_4932.jpg

IMG_4931.jpg

IMG_4934.jpg

IMG_4937.jpg

2015.9.22
奈良県奈良市

続きを読む

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

芳徳寺

柳生藩主柳生氏の菩提寺である。
柳生の地区を一望できる高台にあり、門前の坂の途中に正木坂剣禅道場を構える。
柳生家の墓地は元々は中宮寺(現・奈良市柳生下町)にあったが、芳徳寺の創建に伴って改葬され、芳徳寺裏の墓地に柳生藩主・柳生氏一族代々の墓石が80基あまりが並ぶ姿は壮観である。

IMG_4914.jpg

IMG_4917.jpg

IMG_4919.jpg

IMG_4922.jpg

2015.9.22
奈良県奈良市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

大野神社(栗東市)

かつては天神社、狛坂(こまさか)天神などとも称され、金勝山上にある天台宗の古刹金勝寺の鎮守として祟敬されてきました。
平安後期に創建され、金勝荘の総社にもなっていました。
諸武将の祟敬を集めて社運は隆盛し、鎌倉時代には近江国守護だった佐々木氏が、南北朝から室町時代には足利義尚などが社殿の造・修営を行ったとされています。
本殿の正面に東向きに建つ楼門は、鎌倉時代初期の建築とみられ、楼門としては、滋賀県内の遺構の中で最古であり、国の重要文化財に指定されています。

IMG_4899.jpg

IMG_4907.jpg

IMG_4903.jpg


2015.9.21
滋賀県栗東市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

成願寺 (東近江市)

太郎坊宮へ登る参道の途中にある寺院である。
寺伝によれば799年(延暦18年)日本天台宗の祖最澄が開いたと伝えられている。
かつては多くの塔頭を有する大寺であったという。
戦国時代には蒲生氏、江戸時代には江戸幕府の帰依を得、寺領などを寄進されたとのこと。

IMG_4890.jpg

IMG_4891.jpg

IMG_4894.jpg

IMG_4896.jpg


2015.9.21
滋賀県東近江市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR