FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王子神社(葛飾区)

社伝によれば、清和天皇の第7皇子貞辰親王が東国遊行の途次、元慶元年(938)この地に薨じた。
たまたま浄光寺に留錫中の比叡山慈覚大師は良本阿闍梨に命じて、親王の遺骸を葬り、王子権現として慰霊を行って以来、浄光寺がその古塚を管理したという。
もと上木下川村にあったが、その地が荒川放水路の敷地となり、大正8年、浄光寺とともに現在地に移ったと伝えられています。

IMG_1080.jpg

IMG_1081.jpg

IMG_1083.jpg


2016.11.23
東京都葛飾区
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

白髭神社(葛飾区)

創建年代は不詳ですが、室町時代の創建と推定されます。
渋江村の鎮守で、江戸時代は葛西の客人大権現と呼ばれ、吉原、深川、千住などの遊郭や水茶屋、花柳界の人々の崇敬を集めました。

IMG_1074.jpg

IMG_1075.jpg

IMG_1079.jpg


2016.11.23
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

立石諏訪神社(葛飾区)

創建年代は不詳の様です。
元文4年(1799)の文献に記載のあることから江戸時代中期には創建されていたと考えられています。

IMG_1063.jpg

IMG_1064_201612272251194a2.jpg

IMG_1065_20161227225120683.jpg

IMG_1067.jpg


2016.11.23
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

立石熊野神社(葛飾区)

社伝によると、創祠は平安時代中期の長保年間(999~1003)に、陰陽師阿部晴明の勧請によると伝えられています。
立石村の鎮守社だった様です。

IMG_1052.jpg

IMG_1053.jpg

IMG_1055_20161227224300f14.jpg

IMG_1056_20161227224302f71.jpg


2016.11.23
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

八剱神社(葛飾区)

天文5年(1536)三河国碧海郡西端村の郷士杉村小左衛門が当地を開拓するにあたり、守護神として勧請したものと伝えられています。
旧奥戸新田の鎮守として崇敬されてきました。

IMG_1041_20161227223040722.jpg

IMG_1043_20161227223041904.jpg

IMG_1044.jpg


2016.11.23
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

小岩神社

かつては五社大明神または五社明神社と呼ばれていた様である。
東葛西領行徳に鎮座されていた古社を天文5年(1536)に遷座。
その後天保11年(1840)現在地へ遷座した模様です。
明治に入り、小岩神社と改称したとのことです。

IMG_1029.jpg

IMG_1030_201612202342522d8.jpg

IMG_1032.jpg


2016.11.23
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

南小岩天祖神社

創建年代は不詳の様です。
近くにある円蔵院の一部だった様ですが、、明治維新の神仏分離令により分離したものと考えられます。
境内は公園として管理されているようで、子供たちの声が絶えませんでした。

IMG_1022_20161218144557656.jpg

IMG_1023.jpg

IMG_1027.jpg


2016.11.23
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

上小松天祖神社

寛永6年(1666)法印権大僧都永盛が創建したと伝えられています。
葛西御厨時代に伊勢・香取両神宮を勧請して村の鎮守としたものと考えられています。
明治初年、社号を天祖神社と改めた様です。

IMG_1009_20161216225320143.jpg

IMG_1010.jpg

IMG_1012.jpg

IMG_1015.jpg


2016.11.20
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

上一色日枝神社

創建年代等は不詳の様です。
江戸時代には存在した記録があるそうです。

IMG_1006.jpg

IMG_1007.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

下小松天祖神社

葛西御厨時代に伊勢の皇大神宮を勧請して下小松村の鎮守として奉祀した様です。
そのころは五社明神社と称していました。
昭和29年1月、境内が国鉄総武線の拡幅用地となって現地に移ったようです。

IMG_0987.jpg

IMG_0990.jpg

IMG_0989.jpg


2016.11.20
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

於玉稲荷神社

古地図で見ると、この地に「おたまいなり」の所在が記されているそうです。
古くは御分社であったようです。
安政2年の大震火災で焼失した神田お玉ヶ池の御本社(千代田区岩本町繁栄お玉稲荷大明神)をこのゆかりの地に移した様です。

IMG_0982.jpg

IMG_0984.jpg

IMG_0985.jpg


2016.11.20
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

興之宮神社

創建年代等は不詳な様です。
徳川幕府初期即の建設と古書にあるそうです。
興宮村の鎮守だったようです。
当社を東の宮、本一色天祖神社を西の宮と称されていました。

IMG_1001.jpg

IMG_1002.jpg

IMG_1003.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

本一色天祖神社

創建年代は不詳の様です。
本一色村の鎮守社として祀られていました。
興之宮天祖神社を東の宮、当社を西の宮と称していた様です。

IMG_0975_201612152229482f0.jpg

IMG_0977.jpg

IMG_0978.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

小松菜屋敷

新小岩香取神社の隣に、小松菜屋敷と言われる屋敷があった。
八代将軍徳川吉宗(有徳院)は、「鷹将軍」と異名のあるほど鷹狩りを好み、湿地帯が多く好狩場であった葛西領(現在の江戸川区)に度々訪れていた。
将軍が鷹狩りに来られた際、食事をとる所を「御膳所」といい近くの社寺が利用されたという。
新小岩香取神社もそういった「御膳所」の一つだったようだ。
時の神主・亀井和泉守が、餅の清まし汁に冬菜を添えて差し上げたところ、将軍はその冬菜の香味を大変喜ばれた。
未だこの菜に名前がなかったところから、小松川の里の名ゆえに「小松菜」と命名されたと伝えられている。

IMG_0966.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

新小岩香取神社

昔この辺一帯が芦原で船が自由に往来できた頃、その中に浮かぶ道ヶ島という小高い島に、下総の香取大神宮から勧請したといいます。
当時国府台間々の入江から、武蔵国上野の台地に向かう船は、この神社の森を船路の目安としたので、間々井宮と称したと伝えられています。
境内には松尾芭蕉の「秋に添うて行かばや末は小松川」の句を刻んだ碑が建っています。

旧西小松川村の鎮守です。

IMG_0961.jpg

IMG_0962.jpg

IMG_0964.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

東小松川香取神社

建治三年下総国香取大神を勧請したと伝えられています。
旧東小松川村の鎮守です。

IMG_0953.jpg

IMG_0954_20161211225544ca1.jpg

IMG_0956.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

平井天祖神社

創建年代は不詳の様です。
貞和4年(1349)に再興した旨の棟札が、残されていたそうで古くからの鎮守社であると考えられています。
境内社に香取神社も祀られているようです。

IMG_0929_20161211224603cf2.jpg

IMG_0930.jpg

IMG_0933.jpg

IMG_0931.jpg


2016.11.20
東京都江戸川区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

横十間川

1659年に徳山重政・山崎重政両名によって開削された運河である。
北十間川から分かれ南へ流れる。
墨田区と江東区の区界にもなっているようだ。

IMG_0909.jpg

IMG_0911.jpg

IMG_0916.jpg


2016.11.13
東京都江東区

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

北十間川

江戸時代、明暦の大火後の本所開発の一環として、万治年間から寛文年間に開削された運河である。
名称は、本所の「北」を流れる、川幅が「10間」の川であることに由来する。

一枚目の写真は横十間川との分岐地点である。

IMG_0899_20161211223103f5b.jpg

IMG_0894.jpg

IMG_0903.jpg


2016.11.13
東京都墨田区

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

吾嬬神社(墨田区)

昔、日本武尊が東征の折、相模国から上総国へ渡ろうとして海上に出た時、にわかに暴風が起こり、乗船も危うくなったのを弟橘媛命が海神の心を鎮めるために海中に身を投じると、海上が穏やかになって船は無事を得、尊は上陸されて「吾妻恋し」と悲しんだという。
のち、命の御召物がこの地の磯辺に漂い着いたので、これを築山に納めて吾嬬大権現として崇めたのが始まりだと言われています。

境内にある福徳稲荷は元は地蔵川岸のほとりに鎮座していた様です。

IMG_0887_20161211221454c3d.jpg

IMG_0888.jpg

IMG_0889.jpg


2016.11.13
東京都墨田区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。