FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天祖神社(葛飾区堀切)

創建等の由緒は不詳の様です。
旧堀切村の鎮守で、永禄3年(1560)に勧請されたといわれます。

IMG_2186_20170128231343e7b.jpg

IMG_2193_20170128231345b53.jpg

IMG_2189.jpg


2017.1.9
東京都葛飾区
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

下千葉氷川神社

創建等の詳細は不詳のようです。
口碑によれば正治元年(1199年)に武蔵野国一宮氷川神社を勧請し、下千葉村の鎮守としたとのこと。
境内社の八王子神社は、治承2年(1178)に創建した古社とのことである。

IMG_2177.jpg

IMG_2182_20170128230728958.jpg

IMG_2180.jpg


2017.1.9
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

埴生神社 (成田市)

創建年代等は不詳である。
社伝によると、、平安時代前期に創建されたと伝えられている。
土を司る神埴山姫命(はにやまひめのみこと)を祀っている。

IMG_2136_20170128224954992.jpg

IMG_2137_2017012822495451d.jpg

IMG_2141.jpg


2017.1.8
千葉県成田市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

新勝寺(成田市)

関東地方では有数の参詣人を集める著名寺院である。

平安時代中期、平将門の乱を鎮めるため、朱雀天皇の密勅により寛朝僧正は弘法大師空海自らが敬刻開眼した不動明王を捧持して東国に向かいました。
寛朝大僧正は、成田の地に御尊像を奉安し、不動護摩の儀式を行いました。祈願により、平将門は敗北して関東の地に平和が訪れました。
寛朝大僧正が都へ帰ろうとしたところ、御尊像が磐石のごとく動かず、この地に留まるよう告げます。
これが新勝寺開山の言われとなっています。

その後、新勝寺は戦国期の混乱の中で荒廃し、江戸時代までは寂れ寺となっていた。

江戸時代には、江戸(征夷大将軍の城下)でたびたび成田不動の「出開帳」が行われた。
歌舞伎役者の市川團十郎が成田不動に帰依して「成田屋」の屋号を名乗り、不動明王が登場する芝居を打ったことなどもあいまって、成田不動は庶民の信仰を集め、成田参詣が盛んとなる。

IMG_2104_201701282224459a9.jpg

IMG_2106_2017012822244665e.jpg

IMG_2112.jpg

IMG_2125_20170128222449b45.jpg


2017.1.8
千葉県成田市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

市神神社(八日市市)

由緒「市神ノ本紀」によれば「推古天皇元年、聖徳太子四天王寺を造営し給ふ時同郡白鹿山の東の麓において幾千萬の瓦を造らせ難波津に運ばせたまふ、然に太子かの山に渡らせられ新に瓦屋寺を営し、且捊川の北に民家数百戸を置き、事代主命の神像を刻し一祀壇に納め、同九年始めて市店を開き、士農工商の別なく交易する事を教へ給ふ、其後正暦の頃安倍晴明白鹿山に詣で此神像を拝し、太子の遺志を継ぎ市店鎮護の祈を奉り」云々とある様である。
近江七福神のひとつ「市宮ゑびす」として信仰を集める神社である。

IMG_2082_2017012422450981e.jpg

IMG_2081.jpg

IMG_2086.jpg


2017.1.3
滋賀県八日市市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

百済寺(東近江市)

「湖東三山」の1つとして知られる寺院である。
寺伝によれば、推古天皇14年(606年)、聖徳太子の建立という。
聖徳太子は当時来朝していた高麗(高句麗)の僧・恵慈とともにこの地に至った時、山中に不思議な光を見た。
その光の元を訪ねて行くと、それは霊木の杉であった。太子はその杉を、根が付いた立ち木のまま刻んで十一面観音の像を作り、像を囲むように堂を建てた。
これが百済寺の始まりであると言う。
平安時代には、近江国の多くの寺院と同様、比叡山延暦寺の勢力下に入り、天台宗の寺院となった。
明応7年(1498年)の火災、文亀3年(1503年)の兵火で焼失し、さらに天正元年(1573年)には織田信長の焼き討ちに遭ったことで仏像、寺宝、記録類などの大半を失った様である。
現在の建物は近世以降の再興によるものである。

IMG_2057.jpg

IMG_2065.jpg

IMG_2073_20170124222018d23.jpg

IMG_2074_201701242220201be.jpg


2017.1.3
滋賀県東近江市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

永源寺(東近江市)

臨済宗永源寺派の大本山です。
南北朝時代の興安元年(1361)に、時の近江守護職、佐々木六角氏頼公が、入唐求法の高僧、寂室元光禅師(正燈国師)に帰依し、領内の土地を寄進して伽藍を創建したことが始まりとされています。
当時、この山中に56坊の末庵を有し、2000余の修行僧がいたと言われています。
明応(1492)、永禄(1563)とたび重なる兵火に遭い、往時の面影なく衰退したが、寛永年間(1624-44)一糸文守禅師(仏頂国師)が来山し、後水尾天皇(在位1611-29)の帰依を受けて再興した様です。

IMG_2044.jpg

IMG_2046.jpg

IMG_2050.jpg

IMG_2054.jpg


2017.1.3
滋賀県東近江市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

生石神社(おうしこじんじゃ)

石の宝殿と呼ばれる巨大な石造物を神体としており、宮城県鹽竈神社の塩竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾とともに「日本三奇」の一つとされている神社である。
社伝では、崇神天皇の時代、国内に疫病が流行していたとき、石の宝殿に鎮まる二神が崇神天皇の夢に表れ、「吾らを祀れば天下は泰平になる」と告げたことから、現在地に生石神社が創建されたとしている。


IMG_1868.jpg

IMG_1872.jpg

IMG_1876.jpg

IMG_1880_201701222340324fb.jpg

IMG_1881.jpg


2016.12.24
兵庫県高砂市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

鶴林寺 (加古川市)

刀田山(とたさん)鶴林寺(かくりんじ)と称する天台宗の寺院である。
太子建立七大寺の一つと言われているが、創建の詳しい事情は不明である。
伝承によると創建は崇峻天皇2年(589年)にさかのぼり、聖徳太子が当時播磨の地にいた高麗僧・恵便(えべん)のために建立した。養老2年(718年)身人部春則(むとべのはるのり/みとべのはるのり)なる人物が七堂伽藍を整備したという。
創建時は四天王寺聖霊院という寺号であったものを、天永3年(1112年)に鳥羽天皇によって勅願所に定められたのを期に「鶴林寺」と改めたという。
戦国時代には近隣の書写山が戦火に巻き込まれたが、播磨姫路領主だった黒田職隆、黒田孝高親子の説得で信長派となり戦に巻き込まれず、当時の建築物が多数現存している。

IMG_1847.jpg

IMG_1848.jpg

IMG_1854.jpg

IMG_1855.jpg

IMG_1856.jpg


2016.12.24
兵庫県加古川市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

人麿神社(ひとまろ)

万葉歌人で三十六歌仙である柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)を祭神とする神社です。
創建等は不詳の様ですが、葛城氏新庄町の柿本神社から分祀したと言われています。
本殿は重要文化財に指定されています。

IMG_1611.jpg

IMG_1613.jpg

IMG_1617_20170122014831a4c.jpg

IMG_1618_20170122014833de2.jpg


2016.12.23
奈良県橿原市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

入鹿神社

蘇我入鹿とスサノオノミコトを祀る神社である。
橿原市周辺は蘇我氏ゆかりの地であり、「蘇我」、「曽我」といった地名も残る土地である。
この神社は明治以前は蘇我入鹿のみを祀っていた様であるが、明治時代に、皇国史観に基づいて逆臣である蘇我入鹿を神として祀るのは都合が悪いとして、祭神をスサノオノミコトとし様である。
社名も改めるように政府から言われたが、地元住民はそれを拒んだ様だ。
境内には神宮寺としてかつて仏起山普賢寺があり大日如来が祀られていた。神仏分離の際に普賢寺は廃寺となったが、建物と本尊の仏像は残されている。堂および大日如来木像は国の重要文化財になっている。

IMG_1597.jpg

IMG_1598.jpg

IMG_1599.jpg


2016.12.23
奈良県橿原市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

西水元天祖神社(葛飾区)

創建等の由緒は不明である。
大場川沿いにひっそり佇む神社である。

IMG_1585_2017011523370876d.jpg

IMG_1586_20170115233709cdf.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

水元神社(葛飾区)

創建年代は不詳です。
この地には古くから水元猿町の鎮守として香取神社が祀られていました。
水元公園建設のため、町内の浅間神社・熊野神社・吾妻神社・天祖神社の四社を合祀して水元神社と改称したといいます。

IMG_1577.jpg

IMG_1579_20170115232133abd.jpg

IMG_1580.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

熊野神社(葛飾区東水元)

創建年代等は不詳です。
江戸時代には小合新田村の鎮守社であったといいます。

IMG_1572_20170115230601abd.jpg

IMG_1573_20170115230603194.jpg

IMG_1575.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

日枝神社(葛飾区東水元)

寛文3年(1663)に創建された神社とのことである。
「新編武蔵風土記稿」には山王社と記載されている様である。
近年まで現在地の北東約700メートルの水元小合上町670にあり、大場川を背にして老松鬱蒼とした景勝の地にあり、
戦前までは毎年例祭日には、境内で大角力が行われて賑わった。
その社地は昭和51年、東京都の自然公園の敷地の一部として買収されて、現在地に移り、同53年3月、新社殿の造営を完了したとのこと。

IMG_1568.jpg

IMG_1571_2017011522480606d.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

香取神社(葛飾区東水元)

創建年代は不詳です。
下総国香取神宮の所役地であった関係から創建した神社の様です。

IMG_1556.jpg

IMG_1559_201701150130094ac.jpg

IMG_1560.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

南蔵院(葛飾区)

業平山東泉寺南蔵院と号し貞和4年(400年前)林能法師により開創された寺院である。
元々在原業平が居住していたといわれる地(本所小梅町付近:現業平橋周辺)に創建したと伝えられ、山号の由来ともなっている様である。
元禄11年(1698)中之郷八軒町(墨田区吾妻橋3丁目)へ移転、しばられ地蔵で著名となりました。
関東大震災で罹災し、昭和4年旧本区中之郷からこの地に移転ししました。

しばられ地蔵の由来は、以下の大岡裁きによるものだそうです。
江戸時代の享保年間、八代将軍徳川吉宗の治世。日本橋にある呉服問屋の手代が南蔵院の境内でうっかり一眠りしている間に反物を荷車ごと盗まれてしまいました。
調べに当たった名奉行、南町奉行大岡越前守忠相は、「寺の門前に立ちながら泥棒の所業を黙って見ているとは、地蔵も同罪なり、直ちに縄打って召し捕って参れ」と命じました。
かくして地蔵はぐるぐるに縛られ、車に乗せられ江戸市中を引き廻され南町奉行所へ。物見高い野次馬が、どんなお裁きが始まるかと奉行所になだれ込みました。
頃を見計らった越前守は門を閉めさせ「天下のお白州に乱入するとは不届至極、その罰として反物一反の科料申附ける」の一声、奉行所にはその日の内に反物の山が出来ました。
手代に調べさせるとその中から盗品が出て、それからそれへと調べると当時江戸市中を荒した大盗賊団が一網打尽となったのです。
越前守は地蔵尊の霊験に感謝し、立派なお堂を建立し盛大な縄解き供養を行いました。
以来、お願いするときは縛り、願い叶えば縄解きするという風習が生まれ、盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなど、あらゆる願い事を聞いて下さる霊験あらたかな地蔵尊として祀られています。

IMG_1550.jpg

IMG_1551_20170109225508b87.jpg

IMG_1552_20170109225505fb6.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

大下稲荷神社(葛飾区)

創建等の由緒は不明の様です。
駐車場の脇に鎮座していました。
「しばられ地蔵尊」で有名な南蔵院の東300メートル程のところにあります。

IMG_1548.jpg

IMG_1549.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

半田稲荷神社(葛飾区)

和銅四年(711)の創建とも永久年間(1113-17)の創建ともいわれる古社である。
江戸期には麻疹と安産の神様として知られ、歌舞伎や狂言にも描かれているようです。

IMG_1538.jpg

IMG_1540.jpg

IMG_1543.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

葛西神社(葛飾区)

1185年に葛西清重が、上葛西、下葛西33郷の総鎮守として、香取神宮の分霊を勧請した神社だと言われています。
江戸時代には徳川家康から御朱印10石を賜ったと言う。

IMG_1524.jpg

IMG_1530.jpg

IMG_1531_20170109221611eca.jpg

IMG_1529_20170109221608544.jpg


2016.12.17
東京都葛飾区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。