FC2ブログ

大石神社(赤穂市)

赤穂事件において討ち入りをした大石良雄ら赤穂浪士を祀る神社である。
赤穂事件以降、赤穂浪士を称揚する人々によって旧赤穂城内の大石邸内に小さな祠が設けられ密かに祀られていた。
1900年(明治33年)、「大石神社」として神社を創建することが政府から許可されたことにより、この年を創建年としている。

IMG_0423.jpg

IMG_0417.jpg

IMG_0418.jpg

IMG_0421.jpg


2017.8.4
兵庫県赤穂市
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

さいたま市花火大会 東浦和 大間木公園会場

久々に大間木公園の花火を見た。
と思ったが2011年以来だった。

IMG_0616.jpg

IMG_0568_201708232253349eb.jpg

IMG_0682_20170823225335151.jpg


2017.8.11
埼玉県さいたま市

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

佐用町ひまわり祭り

7月上旬から8月上旬にかけて、町内6地区を時期・地区をずらして合計約23ha、約120万本のひまわりが開花します。

IMG_0406_201708232243393cd.jpg

IMG_0370_201708232243372ae.jpg

IMG_0391.jpg


2017.8.4
兵庫県佐用郡

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

稲むらの火

1854年(嘉永7年/安政元年)の安政南海地震津波に際しての出来事をもとにした物語である。
「村の高台に住む庄屋の五兵衛は、地震の揺れを感じたあと、海水が沖合へ退いていくのを見て津波の来襲に気付く。
祭りの準備に心奪われている村人たちに危険を知らせるため、五兵衛は自分の田にある刈り取ったばかりの稲の束(稲むら)に松明で火をつけた。
火事と見て、消火のために高台に集まった村人たちの眼下で、津波は猛威を振るう。
五兵衛の機転と犠牲的精神によって村人たちはみな津波から守られた。」
小泉八雲の作品として国語教科書にも掲載されている話である。
主人公・五兵衛のモデルは濱口儀兵衛(梧陵)という商人で、被災後も将来再び同様の災害が起こることを慮り、私財を投じて防潮堤を築造した。(広村堤防)

IMG_0294.jpg


2017.8.1
和歌山県有田郡

テーマ : ある日の写真
ジャンル : 写真

One Day -ある日- #060

One Day -ある日-


IMG_0295_201708222327300c7.jpg


















2017.8.1
和歌山県有田郡

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

衣奈八幡神社(日高郡由良町)

貞観2(860)年に創建されたと伝えられる南海道で最も古い八幡宮の一つです。
神功皇后が三韓征伐後、畿内に帰るときに忍熊王等の反乱に遭い、武内宿禰(たけうちのすくね)に御子・誉田別尊(応神天皇)を託し、皇后は、現在の日高郡由良町大引付近まで迂回してご上陸された。その後、大引の豪族・岩守に案内された衣奈の地で休息された古趾(行宮)に、社殿を営んだと言われています。

IMG_0286.jpg

IMG_0288_20170822232345a95.jpg

IMG_0290.jpg


2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

One Day -ある日- #059

One Day -ある日-


IMG_0283.jpg
















2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

One Day -ある日- #058

One Day -ある日-


IMG_0264_20170822231020e00.jpg
















2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

戸津井鍾乳洞(日高郡)

大正2年(1913)4月から昭和20年(1945)頃まで石灰の採石を行っていたところだそうです。
当時から鍾乳石があることがわかっていましたが、石灰の採石終了とともに閉鎖されていた様です。
その後、地元住民から鍾乳洞開発の声があがり整備されたとのことです。
戸津井鍾乳洞を作る石灰岩体は、ペルム紀(2億5千万年以上前)のものだそうです。

IMG_0272.jpg

IMG_0273_20170822230400892.jpg

IMG_0278_20170822230356acc.jpg


2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

One Day -ある日- #057

One Day -ある日-


IMG_0248_20170821222849720.jpg















2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

One Day -ある日- #056

One Day -ある日-


IMG_0242_20170821222532335.jpg















2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

白崎海岸(和歌山県日高郡)

日本国内では珍しい石灰質の岩石が形作る海岸である。
恐竜が出現したとされる古生代後半のペルム紀に誕生した石灰質の岩石が、一面に広がる。

IMG_0224.jpg

IMG_0227.jpg

IMG_0233_20170821222321d07.jpg


2017.8.1
和歌山県日高郡

テーマ : 風景写真
ジャンル : 写真

One Day -ある日- #055

One Day -ある日-


IMG_0023_20170821221656961.jpg
















2017.7.31
京都府京都市

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

貴船神社 奥宮

以前はここが本宮であった様である。
闇龗神(くらおかみのかみ)を祭神とするが、高龗神と同じ神であるとされている。
境内にある「御船型石」が、玉依姫命が乗ってきた船が小石に覆われたものと伝えられている。

IMG_0010_20170821221443e12.jpg

IMG_0018_20170821221442e73.jpg

IMG_0012.jpg


2017.7.31
京都府京都市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

貴船神社 結社(中宮)

磐長姫命を祭神とし、縁結びの神として信仰される。
天孫瓊瓊杵尊が磐長姫命の妹の木花開耶姫と結婚しようとしたとき、姉妹の父の大山祇命は、磐長姫命も共に奉った。しかし、瓊瓊杵尊は木花開耶姫とだけ結婚したので、磐長姫命はそれを恥じ、「縁結びの神として良縁を授けん」と言って当地に鎮まったという伝承に由来する。

IMG_0020_20170821221022764.jpg

IMG_0021_201708212210209eb.jpg


2017.7.30
京都府京都市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

貴船神社(京都市)

創建の年代は不詳であるが、社伝では反正天皇の時代の創建とされている。
社伝によれば、神武天皇の母である玉依姫命が、黄色い船に乗って淀川・鴨川・貴船川を遡って当地に上陸し、水神を祭ったのに始まると伝えられている。
地域名の貴船「きぶね」とは違い、神社の名は「きふね」と濁らない。
丑の刻参りでも有名である。これは「丑の年の丑の月の丑の日の丑の刻」に貴船明神が貴船山に降臨したとの由緒からで、丑の刻に参拝して願いを掛けることは心願成就の方法であり、呪咀が本来の意味では無いと言われている。

IMG_0148_20170821220512a03.jpg

IMG_0091.jpg

IMG_0037.jpg

IMG_0089.jpg

2017.7.31
京都府京都市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

貴船神社の七夕笹飾り

7月1日~8月15日七夕笹飾り&ライトアップイベントが行われていました。
私が行ったのは7月31日です。
この日はとても激しい夕立があって、あきらめて帰ろうかと思っていましたが
日が暮れるころには夕立もやみ、暑さもやわらぎ結果的に良かったと思いました。

IMG_0169_201708132304105c6.jpg

IMG_0174.jpg

IMG_0206_201708132304116e4.jpg

IMG_0214_20170813230414799.jpg


2017.7.31
京都府京都市

テーマ : 祭り/イベント
ジャンル : 写真

由岐神社(京都市)

鞍馬寺の境内にある神社である。
元は宮中に祀られていたが、都で大地震・天慶の乱が起き、当時の天皇である朱雀天皇の勅により、天慶3年(940年)、鞍馬の地に遷宮をし、北方鎮護を仰せつかったと伝えられている。
例祭の鞍馬の火祭は、そのときに里人がかがり火を持って神霊を迎えたことによるものである。

IMG_9994_20170813225011e96.jpg

IMG_9992.jpg

IMG_9984.jpg


2017.7.31
京都府京都市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

鞍馬寺

寺伝によると、鑑真の高弟・鑑禎が宝亀元年(770年)に草庵を結び、毘沙門天を安置したのが始まりという。
宝亀3年(772年)のある夜、鑑禎は霊夢を見、山城国の北方に霊山があると告げられる。霊山を尋ねて出かけた鑑禎は、ある山の上方に宝の鞍を乗せた白馬の姿を見る。その山が鞍馬山であった。山に入った鑑禎は女形の鬼に襲われ殺されそうになるが、あわやという時、枯れ木が倒れてきて鬼はつぶされてしまった。翌朝になると、そこには毘沙門天の像があったので、鑑禎はこれを祀る一寺を建立したという。
『今昔物語集』『扶桑略記』など諸書には別の伝承が見られる。それによれば、延暦15年(796年)、藤原南家の出身で造東寺長官を務めた藤原伊勢人は、自分の個人的に信仰する観音を祀る寺を建てたいと考えていた。伊勢人は、ある夜見た霊夢のお告げにしたがい、白馬の後を追って鞍馬山に着くと、そこには毘沙門天を祀る小堂(上述の鑑禎が建てたもの?)があった。「自分は観音を信仰しているのに、ここに祀られているのは毘沙門天ではないか」と伊勢人はいぶかしがった。ところが、その晩の夢に1人の童子が現われ、「観音も毘沙門天も名前が違うだけで、実はもともと1つのものなのだ」と告げた。こうして伊勢人は千手観音の像をつくって、毘沙門天とともに安置し、鞍馬寺を創建したという。
9世紀末の寛平年間(889年 - 897年)東寺の僧・峯延(ぶえん)が入寺したころから、鞍馬寺は真言宗寺院となるが、12世紀には天台宗に改宗した。
昭和期の住職・信楽香雲(しがらきこううん)は、1947年に鞍馬弘教を開宗。1949年には天台宗から独立して鞍馬弘教総本山となっている。

山門から本殿への輸送機関としてケーブルカー(鞍馬山鋼索鉄道)を運営しており、宗教法人としては唯一の鉄道事業者ともなっている点が珍しい。

IMG_9956_20170813000127667.jpg

IMG_9967_20170813000129015.jpg

IMG_9961.jpg


2017.7.31
京都府京都市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

One Day -ある日- #054

One Day -ある日-


IMG_9945.jpg















2017.7.23
東京都豊島区

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR