FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堀端野中稲荷神社(小平市)

江戸時代に開発された北野中新田の飛び地堀端野中の鎮守として元文元年(1736)に創建された様です。

IMG_4956_20180305172228afe.jpg

IMG_4957_20180305172241c25.jpg


2018.1.21
東京都小平市
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 玉川上水

One Day -ある日- #101

One Day -ある日-





IMG_4907_20180305163945e8c.jpg












2018.1.21
東京都小平市

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : 玉川上水

玉川上水を歩く #12

玉川上水沿いに妙な建物を発見した。
遠目には公衆トイレかなと思ったが、「玉川上水立坑」と書かれている。上水の水位を計測するための施設だろうかとも思ったが、
ドアには「列車通過中」なる記載もある。
後で調べてみたら、なんとこれ武蔵野線に通じる立坑の様である。この地下に武蔵野線が通っていて、線路のメンテナンスなどに用いられる入り口の様である。

IMG_4936.jpg


2018.1.21
東京都小平市

テーマ : 建物の写真
ジャンル : 写真

tag : 玉川上水

玉川上水を歩く #11

小川分水

案内板には
「承応2年(1653)の玉川上水 の開通は、江戸市民ののどを潤しただけでなく、武蔵野台地をも活気づけました。玉川上水からの分水によって飲み水が得られ、それまで野原だった場所が開拓されて人が住めるようになったのです。
 小川村の新田開発が明暦2年(1656)に許可されて、最初に行われたのが小川分水を掘る工事でした。小川村地割図(延宝2年頃)に描かれているように、分水口は現在の東小川橋付近に設けられ、その大きさは1尺四方(30.0㎝×30.3㎝)でした。
 文化4年(1807)には小川橋上流のこの地に分水口が付け替えられ、明治3年(1870)には玉川上水の北側に新堀用水(北側新井筋)が掘られます。野火止用水の取水口に接して新しい分水口が開かれ、小川分水から千川上水までの7つの分水口が埋められて1本の水路に統合されます。
 新しい分水口からここまでの900メートルは地下水路で、胎内堀と呼ばれています。
平成16年(2004)3月
小平市教育委員会 」との記載があった。

IMG_4901.jpg

IMG_4902.jpg

IMG_4903_20180305163330e3d.jpg


2018.1.21
東京都小平市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 玉川上水

One Day -ある日- #100

One Day -ある日-





DSCF8557.jpg












2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

茅ヶ崎杉山神社(横浜市)

延喜式神名帳所載の武蔵国都筑郡杉山社ではないかと考えられている論社の一つです。
『新編武蔵風土記稿』によると、天武天皇白鳳3年(674年)、安房神社神主の忌部勝麻呂(紀州系忌部氏)によって武蔵国の杉山の岡に高御座巣日太命(高御産日命)・天日和志命(天日鷲命)・由布津主命(阿八別彦命)の3柱(現在の祭神とは異なっている)が祀られたことが記されており、同氏の麻穀栽培地開墾の拡大とともに神社も広まったとされる。

DSCF8543.jpg

DSCF8546.jpg


2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

蛇幸都神社(横浜市)

かつて(この地の隣の)篠原村ではしばしば蛇(大蛇)の被害が起きていたそう。見かねた地元の人々がこの蛇を仕留めた後、祟りが起きないよう祠を建てて供養したのが始まりと言われています。コ※
この祠はその後なくなっていましたが、地元の有志の方々によって再建されたのが現在の「蛇幸都神社」だそうです。

※異説として、往古岸之根村を開く時、篠原村との境を判然とさせるため、両村から弓の達者を選び、矢を放って立った所を村境としようと決めたという。そして吉日に射てみると、不思議なことに両の矢が同時に一頭の大蛇を射殺してしまったのであった。そこで両村では大蛇の祟りを恐れて、祠を建てた。 という話もある。

DSCF8539.jpg

DSCF8541.jpg

2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

岸根杉山神社(横浜市)

大永5年(1525)に伊豆国の住人岩田五郎右ヱ門がこの地に移住した際に、鎮守として創建した様です。

DSCF8535.jpg

DSCF8536.jpg


2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

One Day -ある日- #099

One Day -ある日-





DSCF8534.jpg












2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

篠原八幡神社(横浜市)

建久3年(1192)に鎌倉鶴岡八幡宮を勧請したと伝えられています。
当初は鶴崎八幡と称していた様です。その後現在の地に遷座し遷座し若宮八幡と称した様です。

DSCF8533.jpg

DSCF8531.jpg

DSCF8532.jpg


2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

成田山新栄稲荷神社(横浜市)

菊名神社に行こうとして、google MAPを見ていると、成田山新栄稲荷神社という名前があった。
ついでなのでお参りしてみるかと、google MAPを頼りに進むが、どう見ても私有地の中にあるようで到達できず。
屋敷神なのかなと思ったが、地図にしっかり載っているので、そうではないらしい。
後で調べてみたところ、成田山の信者さんがつくった講が勧請した神社の様である。
成田山には8つの別院(べついん)があり、その1つが「野毛山不動尊」の名で知られる「横浜別院成田山延命院」です。
野毛の別院の山裾には、水行場があり、そこの行者が布教活動の一環として菊名に水行場を開いた際に、新栄稲荷大神を勧請した様です。

DSCF8522.jpg


2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

菊名神社(横浜市)

創建等の由緒は不明の様です。
かつては八幡社と称していた様です。
明治6年に菊名村内に鎮座していた神明社、杉山神社、鐙神社を合祀し、昭和10年に菊名神社に改称した様です。

DSCF8523.jpg

DSCF8524.jpg

DSCF8525.jpg


2018.1.14
神奈川県横浜市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

浅間雪景色

鬼押ハイウェイより、浅間を望む

IMG_5304.jpg

IMG_5299.jpg


2018.2.24
群馬県吾妻郡

テーマ : 星景・星野
ジャンル : 写真

tag : 星のある風景

嬬恋の街灯り

万座ハイウェイから見下ろす、嬬恋村の街灯りと浅間山

IMG_5282.jpg


2018.2.24
群馬県吾妻郡

テーマ : 星景・星野
ジャンル : 写真

tag : 星のある風景

白樺林

万座ハイウェーから見る白樺林

IMG_5257.jpg

IMG_5247.jpg


208.2.24
群馬県吾妻郡

テーマ : 星景・星野
ジャンル : 写真

tag : 星のある風景

キャベツ畑と浅間山

かつて何度か浅間山の噴火により大量の火山灰に覆われた地である。
その土地は夏の冷涼な気候を活かした高原野菜の栽培が盛んである。高原キャベツの産地としてとくに有名。
冬はキャベツの姿は見えないが、遠くに浅間の山影が見える。

IMG_5194.jpg

IMG_5244.jpg

IMG_5239.jpg


2018.2.23
群馬県吾妻郡

テーマ : 星景・星野
ジャンル : 写真

tag : 星のある風景

One Day -ある日- #098

One Day -ある日-




IMG_4807_2018030413265604f.jpg













2018.1.8
東京都港区

テーマ : ある日の風景や景色
ジャンル : 写真

tag : ある日-OneDay-

十番稲荷神社(港区)

もと末広神社・竹長稲荷神社という二つの神社合併してできた神社です。
両神社は昭和20年戦災を受け、諸建物ことごとく焼失したが、昭和年復興土地区画整理により、現在地に合併し祀られ十番稲荷神社と改称した。
末広神社は慶長年間(1596-1615)の創建、竹長稲荷神社は弘仁十三年(823)年の創建と伝えられる。

IMG_4842.jpg

IMG_4843.jpg

IMG_4846.jpg


2018.1.8
東京都港区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

幸稲荷神社(港区)

応永元年(1394年)に、今の芝大門付近に鎮守として勧請された様です。その後現在の地に遷座した様です。
社号ははじめ岸之稲荷と称せられていたが、氏子・崇敬老中に幸事多くあるにより、幸稲荷神社と改称されたと言われています。
扁額には"幸神社"と"瘡護神社"の2社の社号が掲げられています。瘡護(加佐森)神社は、病気の際に土の団子を供え、平癒したら米の団子を供える風習があり、本社(稲荷神社)よりも参拝者が多かったといいます。

IMG_4816.jpg

IMG_4817.jpg

IMG_4818.jpg


2018.1.8
東京都港区

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

八雲神社(立川市)

創建等の由緒は不明の様です。
元々天王社や天王様と呼ばれていた様です。
近くの玉川上水にかかる橋の名が、天王橋であることからもその話は納得できる。
明治39年に阿豆佐味天神社に合祀されたが、昭和6年に元の場所に遷座した様です。

IMG_4793_20180221212704401.jpg

IMG_4794.jpg


2018.1.7
東京都立川市

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

tag : 玉川上水

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。