FC2ブログ

六郷大橋

東海道が多摩川を渡る橋である。

初代の橋は、徳川家康が慶長5年に架けさせたもので、その後1688年(貞享5年)の洪水までに何度か架け替えられたそうである。
その後江戸時代には橋は架けられておらず、六郷の渡しが設けられた。
明治に入り鈴木左内が私費で橋を架け通行料を徴収していたようである。この橋は明治11年の洪水で流された。この橋の親柱は六郷神社に保存されている。
その後しばらく橋は架けられていなかったが、橋がないのを不便に思った地元の人々が組合組織を設立し明治16年橋を架けた。
この橋も通行料を徴収していたが、明治33年京浜電気鉄道が買収し明治36年には通行料の徴収をやめた。
明治39年に国に譲渡されたが、明治43年に洪水で流された。流された橋のかわりに仮橋が架けられたが、大正2年に再び流失。
大正14年に本格的な鉄骨の橋が架けられた。片側1車線の車道に加え、両側に歩道のある橋である。
拡幅のために昭和59年現在の橋に架け替えられるまで使われたこの橋の親柱は、宮本台緑地公園と稲毛公園に移設されている。

IMG_2303.jpg

IMG_2307.jpg

IMG_2326.jpg

2016.1.11
東京都大田区

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR