FC2ブログ

デレーケ堰堤(京都府木津川市)

京都府木津川市の山中に、明治時代の治水の跡が残されていました。
明治初期、御雇技師としてオランダから招聘されたヨハネス・デ・レーケが淀川改修の際試験的に作った砂防工の跡である。
彼はこの後淀川はじめ木曾三川など様々な事業を指導したといいます。

デ・レーケは兼業農家である築堤職人の息子として育ち、土木の技術者となりました。
1873年に明治政府による海外の学問や技術の国内導入制度において、内務省土木局に招かれ、淀川の改修に関わります。
明治初頭の淀川は土砂の堆積が著しいうえ、平均水深は40cm程度でした。
そこで外輪船を導入するのに必要な水深150cmを確保するために、粗朶沈床による水制工が行われました。この工事を、淀川修築工事といいます。
デ・レーケらの技術者が1873年(明治6年)には淀川全川の測量を約1年にわたって実施し、次年より淀川修築工事が本格的に開始されました。
またデ・レーケは淀川水系の各地で砂防工事も行いました。このときの砂防工事の跡のひとつがここの堰堤なわけです。
デ・レーケは砂防堰堤を造っただけでなく、治水に植林が重要であると言う考えを持ち込んだ人でもあります。
このあたりはかつては平城京の建設により、近世においては燃料として木材が使われたため限りなく禿山に近い状態だったといいます。
雨が降るとすぐにも鉄砲水が土砂を押し流し、木津川を経て淀川まで流れ込んだといいます。

今このあたりは緑深い森の公園となっています。

DSCF8471.jpg

DSCF8474.jpg

DSCF8476.jpg

DSCF8470.jpg


2016.3.5
京都府木津川市
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR