FC2ブログ

子安稲荷神社

創建は不詳ですが、、天正年間(1573~ 91)より以前から既に現在地に祀られていたといいます。
江尾時代徳川氏家臣・旗本での斎藤惣左衞門(さいとうそうざえもん)の領地となり、斉藤氏はこの辺りに居を構え領民と親しく交流をし善政をひいたことにより、領民から厚く信頼され ました。
ある日、斎藤惣左衞門が領内を視察しているとき、急に激しい雷雨に見舞われました。
斉藤氏が雨宿りをする場所もなく困っていると、森の中から白いひげを蓄えた老人がこちらへ手招きしているのが見えました。
不思議に思いながら、その老人の方へ行くと、斉藤氏は森の中の古い社へ案内されました。
やっと雨宿りができると斎藤氏はたいそう喜び、老人に感謝しました。
すると老人は「私はこの里の稲荷の使いじゃ。いまの社祠(しゃし)は朽ち果ててしまい、誰も訪れない。
汝が社祠を再建し神の尊厳を取り戻す協力をしてくれれば、領内の五穀豊穣を守り、火難などの災いからも守ってやろう」と告げ、そのまま森の中へ消えていきました。
斎藤氏はその老人との約束を守り、この土地の鎮護・産土神(うぶすながみ)と崇め、新しく社殿を建立し、自ら祭事を執り行い奉斎したと記録されています。
また、正徳 5 年(1715 年)この地一帯に疫病が流行したとき、この神社の霊験により、多くの子どもたちが病から助かったことにより「子安稲荷」と称えられるようになったそうです。

IMG_5721.jpg

IMG_5722.jpg

IMG_5723.jpg


2016.7.2
東京都豊島区
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR