FC2ブログ

壹鞍神社(綾部市)

綾部の郊外を走っていると、立派な鳥居が目についた。
丁度秋祭りの季節であろうか、幟が建てられていた。
決して大きな神社ではないが、りっぱなお社が祀られていた。

凡そ今から600年の昔応永元年(1394)6月19日洪水の夜、壹鞍神社の神様が濁流に押し流された。
ところが幸いな事に川の中あった馬の背の形をした岩のところでやっと止まった神様は、はい上がろうとして岩に生えていた「うらじろ(草の名前で正月にの飾りに良く使う)」を掴んだが抜けて上れなかった。
そこで神様は「ささ(笹)」を掴んで岩の上に上られたと言い伝えられている。
村人は岩の上にあった神像を十倉山の麓に祠を建て壹鞍大明神としてお祀りし、この神聖な地を「鞍岩」と呼びしめ縄を張り不浄を禁じたと言う。

IMG_0433.jpg

IMG_0435_201610230048506e7.jpg

IMG_0437_201610230048520ff.jpg


2016.10.9
京都府綾部市
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR