瓦曽根稲荷神社(越谷市)

創建年代は不詳の様です。
瓦曾根は「かわらそね」あるいは「かわらぞね」と読み、元荒川右岸の自然堤防上に位置する。地名は河原の徴高地の意とされる。
武田家滅亡の際、勝頼の子千徳丸と共に落ち延びたという秋山長慶と沼津城主中村彦左衛門一栄の子孫がこの地に土着したと言われ、特に「彦左衛門」の屋号を持つ中村家は、累代にわたり名主を務めてきた。かつて、当家の敷地は広大で、当社の境内と地続きであったという。このことから、当社は中村家の屋敷神として祀られたものとも考えられる。

IMG_2589.jpg

IMG_2591.jpg

IMG_2592.jpg


2017.9.2
埼玉県越谷市
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR