塩浜神明神社(川崎市)

1670年代(四代将軍家綱の時代)に創建されたと伝えられる。
本殿の石製厨子には延宝7年(1679)の銘があり「新田鎮守」と記されている。

徳川家は、軍事上、上方からの塩の途絶をおそれ、江戸湾岸の諸村に塩田開発を奨励し、塩の生産がはじめられるようになった。
川崎の海岸部にも小田、渡田、大島(浜町)、池上新田などに塩浜の地名があったが、現在町名として残っているのは、ここ塩浜のみとなっている。

IMG_2642_201711042200346de.jpg

IMG_2644.jpg

IMG_2647.jpg


2017.9.3
神奈川県川崎市
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR