FC2ブログ

野火止用水

野火止用水(のびどめようすい)は 、東京都立川市の玉川上水から分流し埼玉県新座市を通り新河岸川(志木市)に続く用水路である。
幕府老中で上水道工事を取り仕切っていた川越藩主松平信綱は玉川上水を開削した功労より、玉川上水から領内の野火止(新座市)への分水が許され、承応4年(1655年)に家臣の安松金右衛門と小畠助左衛門に補佐を命じ、野火止用水を作らせた。
野火止用水の開削によって人々の生活が豊かになったことを信綱に感謝し、野火止用水を信綱の官途名乗りである「伊豆守」にあやかって伊豆殿堀と呼ぶようになった。
戦後に入り生活様式が変化すると生活排水の混入などにより水質汚染が激しくなった。現在は東京都の「清流復活事業」により高度処理水(下水処理水)を使用して水流が復活している。

IMG_7801.jpg

IMG_7803.jpg


2014.11.23
埼玉県新座市
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR