FC2ブログ

力神社(川口市)

道路わきに小さな神社があった。
書かれている由緒は以下の通りである。
『当社の鎮座する伊刈は、一説には、かつて「怒」の字が当てられていたと伝える。
 また、古くは芝村の内にあり芝伊刈と称していたが、元禄3年(1690)の検地の際に分村したという。
 【新編武蔵風土記稿】伊刈村の項に当社は「力大明神社 村の鎮守なり、村持、相伝ふ、昔六代禅師(ろくだいぜんじ)此地に来りし時、其従者を祭れり、神号はかの従者の名の一字を取て称すといへど、事実詳ならず」とあり、末社は「稲荷社 六代権現を合祀す、これは六代禅師を祭れり」とある。
 現在の主祭神は天手力男命(あめのたぢからをのみこと)であるが、明治に入って社名の「力」から連想されたものであろう。
 また、相殿に稲荷神と高木神(たかむすび)を祀ることから、高木神は『新編武蔵風土記稿』にある六代権現を改めたものであろうか。
 ここに登場する六代禅師(ろくだいぜんじ)は、平清盛(たいらのきよもり)の嫡流のひ孫に当たる人物で、父は、源平合戦で平家の総大将となった平維盛(たいらのこれもりである。
 諸記録によると、六代は幼名で、幼かったため平家の西走には加わらず、母と共に京に潜伏していたが、文治元年(1185)北条時政(ほうじょうときまさ)に捕らえられた。
 しかし、文覚上人(もんがくしょうにん)の助命により上人の下に置かれ、一時、高清(たかきよ)と名乗ったが、出家して妙覚(みょうがく)となった。
 文覚上人流罪の後捕らえられ、建久9年(1198)に斬られたとされるが、当地方では、守り本尊の加護により当地に難を逃れ、草堂を営み、一門の菩提(ぼだい)を弔ったとされ、当社の近くには、妙覚の墓所又は首塚と伝える塚もある当社の鎮座する伊刈は、一説には、かつて「怒」の字が当てられていたと伝える。
 また、古くは芝村の内にあり芝伊刈と称していたが、元禄3年(1690)の検地の際に分村したという。
 『新編武蔵風土記稿』伊刈村の項に当社は「力大明神社 村の鎮守なり、村持、相伝ふ、昔六代禅師(ろくだいぜんじ)此地に来りし時、其従者を祭れり、神号はかの従者の名の一字を取て称すといへど、事実詳ならず」とあり、末社は「稲荷社 六代権現を合祀す、これは六代禅師を祭れり」とある。
 現在の主祭神は天手力男命(あめのたぢからをのみこと)であるが、明治に入って社名の「力」から連想されたものであろう。
 また、相殿に稲荷神と高木神(たかむすび)を祀ることから、高木神は『新編武蔵風土記稿』にある六代権現を改めたものであろうか。
 ここに登場する六代禅師(ろくだいぜんじ)は、平清盛(たいらのきよもり)の嫡流のひ孫に当たる人物で、父は、源平合戦で平家の総大将となった平維盛(たいらのこれもりである。
 諸記録によると、六代は幼名で、幼かったため平家の西走には加わらず、母と共に京に潜伏していたが、文治元年(1185)北条時政(ほうじょうときまさ)に捕らえられた。
 しかし、文覚上人(もんがくしょうにん)の助命により上人の下に置かれ、一時、高清(たかきよ)と名乗ったが、出家して妙覚(みょうがく)となった。
 文覚上人流罪の後捕らえられ、建久9年(1198)に斬られたとされるが、当地方では、守り本尊の加護により当地に難を逃れ、草堂を営み、一門の菩提(ぼだい)を弔ったとされ、当社の近くには、妙覚の墓所又は首塚と伝える塚もある。当社の鎮座する伊刈は、一説には、かつて「怒」の字が当てられていたと伝える。
 また、古くは芝村の内にあり芝伊刈と称していたが、元禄3年(1690)の検地の際に分村したという。
 『新編武蔵風土記稿』伊刈村の項に当社は「力大明神社 村の鎮守なり、村持、相伝ふ、昔六代禅師(ろくだいぜんじ)此地に来りし時、其従者を祭れり、神号はかの従者の名の一字を取て称すといへど、事実詳ならず」とあり、末社は「稲荷社 六代権現を合祀す、これは六代禅師を祭れり」とある。
 現在の主祭神は天手力男命(あめのたぢからをのみこと)であるが、明治に入って社名の「力」から連想されたものであろう。
 また、相殿に稲荷神と高木神(たかむすび)を祀ることから、高木神は『新編武蔵風土記稿』にある六代権現を改めたものであろうか。
 ここに登場する六代禅師(ろくだいぜんじ)は、平清盛(たいらのきよもり)の嫡流のひ孫に当たる人物で、父は、源平合戦で平家の総大将となった平維盛(たいらのこれもりである。
 諸記録によると、六代は幼名で、幼かったため平家の西走には加わらず、母と共に京に潜伏していたが、文治元年(1185)北条時政(ほうじょうときまさ)に捕らえられた。
 しかし、文覚上人(もんがくしょうにん)の助命により上人の下に置かれ、一時、高清(たかきよ)と名乗ったが、出家して妙覚(みょうがく)となった。
 文覚上人流罪の後捕らえられ、建久9年(1198)に斬られたとされるが、当地方では、守り本尊の加護により当地に難を逃れ、草堂を営み、一門の菩提(ぼだい)を弔ったとされ、当社の近くには、妙覚の墓所又は首塚と伝える塚もある』

なかなか由緒深い神社ですね。

DSCF7904.jpg

DSCF7907.jpg

DSCF7908.jpg


2015.1.12
埼玉県川口市
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 史跡・神社・仏閣
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Toshi ♪

Author:Toshi ♪
単身赴任中のおっちゃんのブログ。
ぼちぼちやってます。

毎日更新を目標にしてますが、すぐに挫折の日々(笑)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
最新記事
訪問者数
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR